FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

盛り沢山の土日

 
先週のこと。

●10月3日(土)

ふじこさんが我が家へ遊びに来て下さった。
彼女はボルゾイ・ヴィヴィアンちゃんのオーナーさん。


ふじこさんのブログ → ヴィヴィアンと言う名のぼるぞい


ヴィヴィアンちゃん、去る9月2日に虹の橋を渡ってしまった。
享年5歳。若すぎる。

唯一無二の娘を亡くしたふじこさんの心情を思うとやりきれない。
立ち直るにはまだまだ時間がかかるだろうけれど
すこしでも悲しい気持ちが紛れればと思いお招きしたのだ。

ウチは狭いわ汚いわ臭いわの三拍子そろった掘立小屋なのに
よく招こうと言う気になった大胆な私である(^^;

久しぶりにお会いしたふじこさん、気丈にふるまっていらっしゃった。
そんなふじこさんの気持ちがわかったのか、ビーデルが意外な一面を見せる。
いや、別に意外でも無かったな。
アイツ、基本的に優しい子だから(これについては親バカではない)。


どう優しいかって・・・

ふじこさんに・・・

1003_1.jpg

べったり。

1003_2.jpg

べったり。

1003_3.jpg

そしてべったり。


最初は恥ずかしがったのか私の方しか来なかったけど
途中から完璧に私の存在を無視してたよ、オヤツの時以外は。

犬は弱ってる人がわかると言うが、うん、あれは分かっていた。
そうとしか思えない、ど厚かましい勢いでふじこさんに接していた。
何故ならびーはふじこさんに会うのはほぼ初めて。
長じてからはそこそこ人見知りになったビーデルが
初対面であんなになるのはかなり珍しいのである。

ビーデルなりにふじこさんを慰めていたんだと思う。

犬を飼ってる人はみんな同意してくれるんじゃないかな。


ただし!
ビーデルの慰め方があまりにもワイルドで、ふじこさん擦過傷の嵐・・・
たぶん内出血も・・・そこは本当に申し訳ないです。

そんな母娘を笑って許して下さるどころか、びーのことを情熱的で可愛い、
大好きになったと言って下さったふじこさん。

たーっくさんのお土産ありがとうございます。
びーも遊んでって言ってるし、またお会いしましょうね、ふじこさん!



●10月4日(日)

この日は犬友のきよごんさんとランチ。
前回のランチの模様はコチラ → 夏期休暇 ~序~

きよごんさんは現在島根に住んでいらっしゃって、所用で来広された。
前回は広島駅だったが、今回は市内中心部で待ち合わせ、
一緒に天ぷらランチを頂いて広島駅に移動。
きよごんさんが乗られるバスは広島駅から出るのである。

前回と同じカフェでお茶をする。
お茶じゃなくてパフェだけど。

1004.jpg

今回も喋り倒した。
偶然、共通の知り合いがいることもわかって
いやあ、世間て本当に狭いのねと改めて思った次第である。

楽しい時間はあっという間に過ぎ去り・・・再会を約してお別れの時間が。
次回お会いするのが今から待ち遠しい。

そうそう、きよごんさんのブログはコチラ → ワイズと歩いた道
※ドーベルマン飼いの私にとって、バイブルみたいなブログです

しかし、写真がパフェしか無いって我ながらどうよー!?



コメントの投稿

非公開コメント

No title

犬を家族として持つオーナー友達さんとの再会は楽しいですよね。

理解し合えることも沢山あるし、学ぶこともいっぱいあるし。

びーちゃん、何かを感じたのかな。ふじこさんに寄り添って甘えてるところが可愛い。

それと、ワイズと歩いた道・・・私にとってもバイブルですよv-353
必死に読み倒しました(笑
ジュウザを迎えてとんでもなく慌しいあの頃に・・・v-356

ジュウザママさま

> 理解し合えることも沢山あるし、学ぶこともいっぱいあるし。

そうですね。犬友の皆さんからは色んなことを教えて頂いてます。

> びーちゃん、何かを感じたのかな。ふじこさんに寄り添って甘えてるところが可愛い。

ジュっぴーもかりんちゃんもそうだと思うけど、犬は人の顔色読めますよね。
その辺はすごいな~優しいな~と思います。

> それと、ワイズと歩いた道・・・私にとってもバイブルですよv-353

でしょ!
そのブロガーであるきよごんさんと親しくお付き合いさせて頂けるのは
本当にありがたく嬉しいことのひとつです。
ふじこさんもだけど、きよごんさん、とても素敵な方なんですよ~

No title

バババババ、バイブル?

はずかしい限りです。

終了したブログですが、いまでも 犬種とわず、「頸椎ヘルニア」のことで、お問い合わせがあるので、誰かのお役に立つのかなと削除せずにそのままおいています。

ワイズとの出会いからブログを読み返したい気持ちがあるのですが、涙がとまらなくなりそうで、まだ勇気がありません。
お別れってそう簡単には 乗り越えられないですね。

きよごん様

> バババババ、バイブル?

多分、そういう人いっぱいいると思いますよ、
ドーベルマン飼いで「ワイズと歩いた道」をバイブル的に思ってる人。

> ワイズとの出会いからブログを読み返したい気持ちがあるのですが、
> 涙がとまらなくなりそうで、まだ勇気がありません。
> お別れってそう簡単には 乗り越えられないですね。

ワイズくんに会ったことのない私でさえ泣けるのに
きよごんさんが号泣されるのは当然だと思いますよ。
そうですね、決して免れないけど、簡単に乗り越えられないのがお別れですよね。
プロフィール

ren

Author:ren
 
長 女:蓮(蓮様、れんれん)
    雑種猫、1998年生
次 女:ビーデル
   (びー、びびこ他)
    ドーベルマン、2008年生

リンク
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。