スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今度は・・・

 
4月二週目の半ば、ビーデルがヒートに突入した。
ヒートというのは発情期である。
ちなみに発情期はメスにしか来ない。

ヒートの期間はおおよそ一ヶ月。
前期二週間は出血、後期二週間は受胎最適期間となる。

発情のサイクルは個体差があり、びーは概ね8ヶ月に一度なのだが
今回はひと月近く遅れていた。
そのせいか、出血期間も長めな気がする。

今、絶好の犬連れ行楽日和、そして魅惑のGW!
なのだが、こういう事情でどこにも連れて行けないのであった。
ま、どこに行っても人出が多そうなので別にいいけどね。




で、最近、ビーデル、排泄が荒れている。
頻尿というか何というか、いつもと違うのだ。
ヒートが関係してるのかと思ったが、差し引いても変。
土曜日は仕事だったので日曜日、病院に連れて行った。

症状からして、膀胱炎であることは間違いなさそうだが・・・


   膀胱炎になるケースは3つあります
   ひとつは黴菌に感染した場合
   もうひとつは結石や腫瘍がある場合
   最後に何か分からないけど突発的になってしまう場合
   びーちゃんは三つ目のケースですね


持参した尿の検査結果を見ると

426.jpg

確かに細菌感染はない。
先生がびーのお腹を揉み解したところ、結石でも腫瘍でもなかった。
(ホッ)
潜血がプラスなのはヒートだからだ。


   なんでなるんですかねー



・・・先生、それは私が訊きたいよ。



てことで、抗生剤は使っても仕方ないので消炎剤を処方された。
早くスッキリ治ってくれればよいのだが。

418.jpg



スポンサーサイト
プロフィール

ren

Author:ren
 
長 女:蓮(蓮様、れんれん)
    雑種猫、1998年生
次 女:ビーデル
   (びー、びびこ他)
    ドーベルマン、2008年生

リンク
カレンダー
03 | 2015/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。