スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ごめん、ビーデル

 
あれは今年の2月。

米子にて究極のアンチエイジングサプリを摂取するため、
ビーデルをいつもと違う所に預けた。

yonago20130223 (1)
↑ 米子の月

私にとってこのサプリは某アーティストを指す。
究極のアンチエイジングサプリ摂取=ライブに行くこと、なのだ。


yonago20130223.jpg


ビーデルを預けたのは私の実家からまあまあ近いペットホテル。
諸事情があり、いつもの所には預けなかった。

事前に色々確認したのは言うまでもないが、
そのホテルの看板犬が大型犬ということで大丈夫だと思った。

のちのち大いに後悔することになろうとは。




迎えに行ってみると、従業員のお姉さんが言い難そうに

「指をケージに挟んで腫れてるんです」

と言うではないか。

その時、ビーデルは私の姿に物凄く興奮していたので
指の状況を丁寧に確認する余裕がなかったが、かなり腫れているようだ。
何かあったら連絡すると言いおいて、支払いを済ませひとまず帰宅。

帰ってじっくり見てみると随分腫れている。
預けたのは土曜日だったので動物病院は開いているはず。
連れて行ってくれなかったのだろうか?

20130224ashi.jpg

詳細を聞くべく電話すると、どの位の時間挟んでいたかは不明、
傷に薬はつけたが病院には行ってないとのこと。


預かってるという意識あるのか?


そうは思ったが、自分で病院に連れて行くから費用を負担して下さいと
その時は電話を切った。




結果は内側の指2本の脱臼。

しばらく固定することとなった。

ashi1.jpg

ashi2.jpg

ビーデルは犬だ。言うまでも無く犬だ。

怪我してるから動くなとか、ギプス外しちゃダメとか言っても分かるはずがない。

二階の寝室を階下に移し、散歩も制限。
何しろ指なので固定してもズレやすい。

ashi320.jpg

毎週の病院通いに飼い主も犬も疲弊する。

何より、自責した。




結局、びーの関節は脱臼したままだ。
手術も視野に入れたが術後のことを考えると良いとは思えなかった。
獣医師と相談した結果、もう何もしないことにしたのだ。

医療費についてペットホテルに連絡すると1割しか払わないという。
今後手術になっても負担しろとは言わないから、
ここまでかかった費用は払ってくれと交渉したところ
後日現金書留が送られてきた。

それだけでも良心的な方なのだろう。




今、びーの足は上の写真ほど歪んではおらず、跛も引かない。

だが年を取った時、何か不具合が出やしないか不安でもある。



ごめん、ごめんね、ビーデル。

スポンサーサイト

ハゲ

 
大雨だった日のこと。

帰宅したらビーデルにハゲが出来ていた。

hage1.jpg

わかるかな? 肩のところが薄くなっている。

hage2.jpg


ビーデルは音響シャイなので大雨に怯え、どこかにぶつけたか?
そう思ったのだが師匠の勧めもあり、獣医師に診て貰った。

先生曰く、皮膚の状態も悪くないし、パニックを起こして
どこかにぶつかった衝撃で抜けたのかもしれません、とのこと。

寄生虫の検査は問題なし、念の為カビの検査をした。
結果が出るのは二週間後。
結果確認は電話でいいですよと言われたので電話した。


思いっきりカビでしたわ。


そんなー


拡がってないなら様子を見て下さいとのことなので
ま、大丈夫でしょ、と思っていたら!

ハゲ3


首の毛が薄くなっている!? 慌てて病院に連れて行ったら、


う~ん、これは掻いた痕あるしなあ、
カビじゃないかもしれないし、でもカビかも。


ってどっちなんだ~!!


カビの薬、高いんですよね~
抗生剤と消毒薬出しときますからそれで様子見て下さい。


・・・そうスか。





で、結局のところ、思いっきりカビと診断された最初のハゲは
今では全くわからないほど美しく毛が生えた。

首はもう少しかかりそう。
だが、以前にも首の毛が薄くなったことがある。
毛切れした位にしか思っていなかったので原因は分からない。
だがキッチリ復活した。

だから何が言いたいのかというと、
ちゃんと治癒力があるわけで、あまり神経質になることもないかと。


もっとも、見極めは重要だけどね!


914b.jpg
↑ 撮影:師匠


風邪を引いた

 
誰が風邪を引いたかって?


私が。


マメな手洗いとうがいを心掛けるも、これが結構長引いた。
高熱ではないが37度代半ばをキープしたまま数日経過。

さすがにしんどいね。

一日休みをもらって近所のクリニックで点滴を受けるとかなりラクに。


いいねえ、点滴。





病気の時、何が困るかというと娘たちの世話である。
特にビーデルは散歩が必要なわけで。
しかも身体デカいし。

びーは室内での排泄が出来るので、雨がひどかったりすると散歩に出ないこともある。
それに私の顔色をある程度読むので、私の具合が悪い時はワガママ言わない。
が、何日も散歩に出ない訳ににはいかない訳で。

そして散歩に出る素振りを見せるととても喜ぶ。


そんな顔されるとねー  かーしゃん頑張っちゃうよ~


140201_3.jpg
※写真と本文は関係ありません


クラクラしながら散歩に出て、冷たい風が気持ちいいと思い
ゼイゼイ言いながら散歩から帰っていたここ数日の私。


140201_2.jpg
※写真と本文は関係ありません


健康って大事ね~  しみじみ


しかし、ここまで熱が出てる期間が長かったのも久しぶりだ。


加齢のせいか?


140201_4.jpg
※写真と本文は関係ありません

久々のラン

 
やっと暖かく、天気も良くなった。

そんなある週末(先週末ではない)。
まりん母さんをお誘いしてランに行った。

marine_2014031714252018d.jpg

手前からくろっち、なっちゃん、まりん母さん、まりんちゃん。

なんで正面向いた写真がないかねー

いや、あるにはあるがボッケボケのボケでなのである。





今回、ビーデルは投げたボールを持ってくることに熱中していた。
ランに来ているワンと遊ぶより私に構って欲しかったらしい。

最近その傾向が強い。
常に対象は私。ううむ…良いんだか悪いんだか。

大好きなちぇりーちゃんは産休中だしねえ。


bbb5.jpg

私がなっちゃん、まりんちゃん、くろっちを撫でようとしたら
えらくヤキモチを焼いたビーデル。

あんた、こういうキャラだったっけ、ビーデル?

bbb6.jpg

まりん家のワンたちと仲良しになるにはもう少し時間かかるかな?
でもたくさん走ってたくさん遊んで、久々にビーデルがにこにこしていた。
連れてきた甲斐があるというものだ。

それに、私はまりん母さんとたくさん話が出来たしね~

まりん母さん、またよろしくお願いします。


グリグリ

 
ビーデルの左前足の甲にデキモノが出来た。

このグリグリ、ちょっと化膿している。

guri.jpg

ううむ、これはいかんとすぐに病院に連れて行った。
これが一体何であるのかは説明なし。

抗生剤を処方され、一週間後に来てくださいとのこと。





一週間後。

このグリは殆ど枯れたので大丈夫だろうと思ったが、
ふと右前脚の付け根を触ると、小豆粒大のグリが二つばかりあるではないか。

実はビーデル、時々グリが出来る。
でも気が付けば引っ込んでいる。

化膿もしてないし、いつものヤツかなと思ったが
甲のことがあるので、ついでにこの小豆粒グリも診てもらった。


  今ならメスでくり抜ける大きさなので、病理検査に出しますか。
  大きくなると厄介だし。


え?


  部分麻酔だけど全身麻酔になるかもしれませんから
  朝ごはんは抜いて来てください。


そんな大仰なことなのか!?
いつものアレじゃないのか?私にはそうしか感じられないけど…

予約は入れたものの、諸事情により延期して貰うことに。


140309_8.jpg
※師匠撮影 写真と本文は関係なし


でもねえ、あのグリグリ・・・
麻酔してくり抜くのが私にはどうしても大袈裟に思える。
で、悩んでいたところ、師匠が病院を紹介してくれた。

決して今行っている病院が悪いわけではない。
むしろ評判は良い。

だけど、ほら、どんなに腕が確かでもその人に合う合わないってあるし、
何より獣医師の機嫌次第で、訊きたいことが訊けないっていうのが
嫌だなあと思っていたので、セカンドオピニオンの意味もあり、
そのオススメのところに行ってみたのだ。




そこの獣医師はヒップホップでも踊っていそうなお兄ちゃん(失礼!)
正直、大丈夫か?と思わないでもなかったが・・・


  注射針で組織を採って、簡単に検査する方法もありますよ。


うん、私もそれをして欲しかったんだよ。

で、結果。
ふたつとも全く問題なし。


  メスでくり抜いて病理検査に出すのが一番確実ではありますけど、
  悪いものは何もなかったから大丈夫です。



だよね~



ちなみにこの獣医師、若いけど説明に過不足なく、とても丁寧。
決して腕も悪くないらしい。

耳にデッカイ穴あいてて、その辺で踊っていそうに見えたとしても
人間、そんなことで判断してはいけません。





ちなみに先の病院では、4万円くらいあれば大丈夫ですと言われたが
今回の検査は、3,150円だった。

ただ一つの難点は、ウチから遠いってこと。
先の病院は近いので切るつもりはないが、ま、臨機応変に考えよう。



プロフィール

ren

Author:ren
 
長 女:蓮(蓮様、れんれん)
    雑種猫、1998年生
次 女:ビーデル
   (びー、びびこ他)
    ドーベルマン、2008年生

リンク
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。