スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はじめまして or お久しぶりです

思い立って、またブログを書くことにしました。

また、というのは以前「月に吼えろ」というブログを書いていたからです。

故あってそちらは終了させました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「月に吼えろ」はどちらかというと犬猫、特に犬に特化した内容で

更新も土日祝を除く平日は殆ど毎日更新を心がけていましたが、

これから始めるブログは不定期更新です。

(一応宣言、というか言い訳しておきます)

それから犬猫のみならず、思いついたことを書くつもりです。

(尤も、どうしても犬ネタが多くなりそうですが。てへへ)

どうぞこれから宜しくお願いいたします。



スポンサーサイト

ブログタイトルについて

 
決めるのに悩んだ。

タイトルから内容が想像できない方がいい。

天の邪鬼である。

以前「月に吼えろ」というブログを書いていたが
私の中では「再開」ではなく気分も新たに「開始」なので、
「月に吼えろーtype 2ー」とか「月に吼えろ【改】」は無し。

さてどうするかね。

東京在住の大好きなお友達、さくら母さんに訊かれた。

「元々、『月に吼えろ』のタイトルはどうやって決めたの?」


それはねえ・・・

ビーデルを迎えたのは2008年11月2日。
私が会社から帰宅する時間、あたりは既に暗い季節。

あの頃のビーデル、時折ケージから脱走しては
家の中をぐちゃぐちゃにしていた。
激怒とため息の中、ふと外を見たら美しい満月が・・・

そう、思わず遠吠えをしたくなったのだ。


私が。


決して「太陽にほえろ」が好きだったわけでも、
萩原朔太郎に感化されたわけでもない。




で、今回のタイトル。
「月に吼えろ」だからやっぱり「太陽に叫べ」か?

びーちゃんもrenさんも決して太陽に叫んだりしないだろうけど。
でもrenさんは太陽より月のイメージだからさあ。

と、さくら母さん。

うん。私、直射日光ダメ。浴びると灰になる。


ま、今のところ灰にはならんが、太陽は似合わん・・・

で、目の前の師匠に相談してみた。




「棚からぼたもちの幸せ」



えっ!?!?


さくら母さん: 狙え、棚ぼた!

あたくし  : おうっ!狙うぜ!!


じゃなくて!!!


まあ、狙いたいですよ、棚ぼたは。


後日。

さくら母さんに、タイトル決めたかと訊かれたのだ。
まだ考えて無かった私。

さくら母さん: やっぱりそうなると棚ぼただな

あたくし  : 太陽ではなく棚ぼた?

さくら母さん: のほほんとしてて、それはそれでよし(笑
        意外とrenさんのイメージにもしっくりくるかも



どんなイメージなんだー!?



喜ぶべきか悲しむべきか??




実はこの「棚からぼたもちの幸せ」には深い意味があったのだ(by 師匠)。

ほら、台所に立ってて何か食材を落としてしまうことがあるでしょ、
そういう時、すかさず食っちまう犬。
実に嬉しそうに美味しそうに食べる。

これこそまさに、棚からぼたもちの幸せ。




で、考えるのが面倒なので「太陽に叫べ(仮)」。

(仮)が付いてるのはあくまで「仮」だから。
良いのを思いついたらある日突然変える。


多分ね。


blackkong.jpg

あけましておめでとうございます

 
今年もよろしくお願いいたします。

rb.jpg

ごあいさつ

 

愛娘ビーデルが逝き、一ヶ月が経とうとしています。


b119.jpg



ビーデルのおかげで私の世界は広がり、友人も出来ました。
心が折れるほど辛い時期を、心身を病むことなく乗り越えられたのは
ビーデルがいつも傍にいて一緒に歩んでくれたから。


共に暮らした7年と1ヶ月あまり。
色々なことがありましたが、びーと過ごした日々は私の宝物です。






あっという間に進行する、きわめて悪性度の高いガンでした。
あまりに突然すぎて、私はこの事実を受け止めることが出来ずにいます。


逝く前後の詳細はどなたにもお話しするつもりはありません。
お悔みの言葉を頂くことすら身を切られる思いをしています。
大変勝手ながらご連絡を頂きましてもお返事は出来かねます。
どうかご理解の上、ご遠慮ください。





ビーデルは殆ど苦しまずに逝きました。
それが唯一の救いです。








ビーデルは自分より、何よりも私が一番でした。

そして私もビーデルが全てです。
他には何もいらない。


私の半分はビーデルが持って行きました。
そしてビーデルの半分は私が持っています。
ふたたび会う日まで、各自が大事に持っていることにしました。


bbb_20160120132407b6e.jpg



ずっと私の傍にいたビーデル。
これからも、心はいつも一緒にいてくれると信じています。
そして私にまた会える日を心待ちにしていると思います。

たくさん留守番してかーしゃんを待ってたけど、
次に会ったらもう二度と離れなくてもいい、
だから、かーしゃん、待ってるからね、って。







「太陽に叫べ」、もう更新することはありません。
このブログで私達を知って下さった方
前に書いていた「月に吼えろ」から読んで下さっていた方
ありがとうございました。






さあ、閉幕です。






ビーデルを可愛がって下さった全ての方々へ感謝をこめて

BI_201601081703475b3.jpg

                        ren ・ ビーデル 拝




プロフィール

ren

Author:ren
 
長 女:蓮(蓮様、れんれん)
    雑種猫、1998年生
次 女:ビーデル
   (びー、びびこ他)
    ドーベルマン、2008年生

リンク
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。